火災保険って具体的にどんな保険なのか知りたい!

  • -

火災保険って具体的にどんな保険なのか知りたい!

火災保険は建物や家具を補償する

火災保険は具体的にどのような内容で、またどのようなものに保険をかけるのでしょうか。例えば自動車保険であれば、「自動車に保険をかけるんだろうな」と予想できるでしょう。しかし火災保険は、具体的にどのようなものを対象としているのか名前だけを聞いても分かりません。この保険では、主に建物とそのなかにある家具などの動産に対して保険がかけられます。これらの建物や動産など補償の対象となるものを、保険の対象と呼んでいます。

保険の対象を指定して加入する

火災保険では基本的に保険の対象ごとに、個々の建物や動産を指定して加入します。例えば建物を保険の対象として指定します。この後万が一火事によって建物が燃えてしまった場合、保険の対象は建物のみであったため、建物の被害分だけ保険金を受け取れます。よって火事で燃えてしまった家具などに対する保険金は受け取れません。よって動産の被害分も補償してもらうためには、建物とは別に動産を対象として火災保険に加入する必要があるので注意が必要です。

火災保険は火事の時だけ役立つとは限らない

火災保険という言葉だけを聞いて、「火事で家が被害にあった時に補償してくれる」と思われる方もいるでしょう。しかし火災保険は火事の時だけでなく、他の天災で被害を受けた場合でも補償してくれる可能性があります。例えば台風で屋根が壊れてしまった時や、洪水で床が浸水してしまった時など自然災害にあった時に補償してくれるケースがあります。もちろんすべての保険会社が同じ範囲を補償してくれるとは限りませんが、火災保険は火事のみならず他の災害も補償してくれる場合が多いです。

転居した時や、新築した時、火災保険の手続きは後回しになりがちですが、火事は突然起こるものです。転居と同時、または転居する前に加入するようにしましょう。